生まれた町

月曜日に生まれた町のシュルーズベリーに行った。三十年以上前に出た町が親戚がまだたくさんいる。お母さんのお兄さんの家に泊まって二日間ゆっくり過ごした。

伯父さんの方言が分かり辛くて滑舌が悪くて何言いたいのが分からない時が多い。言いたいのが分かっても大体面白くないからかうだけだ。自分にちょっと似てるところあるから伯父さんのことが好き。

一日目お父さんと伯父さんと試合を見に行った。英国の最強サッカチームがシュルーズベリーにあります。最強けどこの数年、運が悪くて審判の判断が酷くて今イングランドの四部リーグに所属する。月曜日に四部リーグの最低チームと対戦して絶対勝つと思ったが審判がメガネを忘れちゃったせいで引き分けに終わってしまった。

夜に伯父さんの家で食べた。おばさんの料理がいつも美味しい。ローストハム、ローストビーフ、ジャガイモ、パン、卵、サラダ、スコッチエッグ、チーズ、漬物、テーブルビートがあって全てがイギリスの食卓によく出るもの。それを食べ終わったらお茶とケーキ。食事の後片づけしてからテレビを見る。

This slideshow requires JavaScript.

シュルーズベリーが赤いレンガの城町です。千年以上の歴史を持つとても大事な町だった。昔の敵のウェルーズとの国境から十キロしか離れてない。

二日目お父さんと町の中を歩いた。複雑な町造りで古い目立ってる教会があって妙に傾いてる石造りの建物もあって面白かった。これから英国に行く人にシュルーズベリーを進めします。

最後の夜、お父さんと伯父さんと伯父さんの婿とパブに行った。ビリヤードをやった。お父さんと組んで絶対勝つと思ったがテーブルが傾いててボールが駄目だったので負けちゃいました。

飲み物は濃い味してる冷えてないWORTHINGTONという英国のビールだった。一杯がパイントと言います。パイントが568mlで三百三十円ぐらいでお得だった。一人がバーに行って皆の飲み物を頼んでお金を払って飲み物をテーブルまで持って行く。

一人ずつバーに行く。それは「ROUND」と言います。四人がいて四つのROUNDになった。二時間かけて飲んでいい感じになった。

帰る前にお父さんが伯父さんの婿に挑戦しました。ゲームがドミノだった。婿が毎週やってるパブのリーグに所属してる。ドミノが北英国の冬のパブゲームで南国の人あまり知らない。南育ちの僕はルール詳しく知らないけどお父さんがもともと北の人間だから詳しい。

いい勝負になった。結局お父さんが勝った。不思議に一番喜んだのが伯父さんだった。婿の自慢話が嫌いから。その気持ちよく分かる。それからお父さんとドミノの話が出ないように努力してます。

Advertisements
This entry was posted in 英国シリーズ and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s